進路指導

より高いステージをめざして。個人の特性や目的を尊重したバックアップ体制。

入学直後から行われるさまざまなテストや考査により、
生徒一人ひとりの実力や適性を把握し、
進路選択が適切なものとなるよう努力目標を明確にします。
選択授業へのアドバイスや受験対策、補習指導など
数多くの進路学習の機会により、将来への意識付けを行い、
個々の希望と適性に応じた進路の実現をバックアップします。

進路指導部長佐伯 宏俊 先生
希望進路実現をサポート

高校卒業後に生徒の皆さんが希望する進路にすすめるよう、必要な情報を提供するのが進路指導部の重要な役目です。そのため、進路相談室には各種資料を揃えていますし、年間を通じ模擬試験、生徒向け進路説明会、保護者向け進路説明会などを計画・実施し、皆さんの希望進路実現のお役に立つよう活動しています。

01 総合・進路学習ノート

1年次より体系的な進路学習がスタートします。入学時には、日常の学習習慣を見つめ直し、新しい高校生活での目標を明確にします。次いで、社会とのつながりから就きたい職業、進みたい学部・学科などを考え、自らの進路について、インターネットや本での情報の調べ方を理解します。そして社会に出るまでのルートを知り、仕事にまつわる基礎知識を身につけます。2年次には、さらに社会への視野を広げるとともに、大学入試についての研究・理解を深め、3年次での実践力につなげます。

04 進路ガイダンス

新入生には、オリエンテーション時に、進路指導室の利用の仕方等を説明します。その際、将来の方向性と自己の適性を早くつかむことが大切です。そのために、授業を中心とした学習活動を一所懸命に行い、高校生活を充実させることが大切だということを伝えます。各学年で外部講師を招いての生徒対象および保護者対象の進路講演会を実施しています。例えば、3年生の保護者対象説明会・講演会では、年間の進路スケジュールや就職・進学についての概略を説明した後、講師の方に大学入試の現状や受験生を持つ保護者の心構えを話していただきます。

02 校外模試

日々の学習で身につけた英語力と国際コミュニケーション能力を活用し、ホームステイや現地での交流を通して、異文化を理解し国際感覚を養います。また、旅行前には訪問国の地域性・文化などを事前学習し、旅行後も深めた見聞を自身の糧とする事後学習を行います。

03 推薦・AO入試対策

推薦・AO入試対策では、受験生1人に複数の教員がつき、志望理由書・小論文対策・面接等の個別指導を行っています。また、オンラインによる全国の大学の推薦・AO入試受験レポートの閲覧が出来るようにするなど、手厚い体制を整えています。さらに、1年から3年まで全員に小論文模試を課し、事前の小論文講座・事後の書き直し指導などを行うことで、推薦・AO入試のみならず、一般入試、大学入学後、そして将来の就職等にも役立つ文章力が身につくような指導をしています。

大学見学

1・2年生で、大学見学バスツアーを行っています。国公立大や難関私大を訪れ、卒業生や大学の広報の方にその大学の特徴や入試について説明していただいています。学食で昼食をとり、校内を自由散策して、一日、大学生気分を味わい、進学意欲を高めることに役立てています。

進路実績

国公立大学

医・歯・薬・獣医

私立大学・短期大学・専門学校・就職